売掛金を運転資金に回せる!リスクの少ないファクタリングサービス

factoring

売掛金を売却して運転資金を確保できるサービスって?

必要なときに限って足りないのがお金です。特にこれが会社経営の話になると、笑い話では済まなくなります。日本の会社のうち、9割以上が中小企業と言われています。そういった会社はちょっと風向きが変わっただけで経営のピンチになりますから、いかに運転資金を確保するかが重要になります。実は近年、銀行からの融資以外にも運転資金を調達するために堅実かつ安全なサービスが存在しています。今回はそれについて説明していきましょう。
そのサービスとはファクタリングです。ファクタリングは、近い将来支払われるお金を受け取る権利(売掛金または売掛債権)を専門会社に買い取ってもらうことで、資金を得られるサービスのことです。この売掛金を現金化するサービスであるファクタリングを利用するメリットとして挙げられるのは、「債権を抱えなくていい」ということです。銀行融資は審査が厳しく、仮に通ったとしても金利もつくし返済義務も発生するのですが、ファクタリングサービスであれば、買い取ってもらうわけですから、返す必要はありません。そのため、運転資金に投入しても返済にびくびくしなくても良いのです。このように、ファクタリングはその他にもメリットがたくさんあります。ご興味のある方は売掛金現金化サービスを扱う専門会社に一度相談してみましょう。

ファクタリングによる売掛金の現金化が企業を救う

金融機関からの資金調達が会社経営においての資金調達の基本です。全国の社長はこの資金問題についていつも頭を悩ませます。上手くいかなければ会社経営に支障が出るから当然のことです。問題発生の要因としては業績の悪化や返済猶予がある、あるいは信用されなくなり始めたなど、例となるものはいくつもあります。この状態で資金を得る方法はあるのかといえば、あります。
ファクタリングを用いることで暗闇の中に光を見出すことが出来るでしょう。ファクタリングは売掛金の現金化によって資金調達を可能とします。ファクタリングを行ってくれる企業が、依頼主とその取引先で生じた売掛金を買い取ることにより、まだ支払われることのないお金を現金化するのです。これは金融機関のように、ファクタリング会社に借金をしているわけではないので、後々利子をつけて返すということはありません。ただし現金化の際に手数料を支払うことになるので注意しましょう。
売掛金は必ずいつかはお金になるものですので、信用があります。これを譲渡することによって期日よりも早く資金を得られるので、今すぐに資金が必要だと考えている企業にとってありがたいサービスになっています。担保や保証人などといったものを必要としないので、ごちゃごちゃとした取り決めなどもないのも嬉しいものになっています。ファクタリングは金融機関からの借入に並ぶ新たな資金調達の道になります。

銀行の審査を断られてもファクタリングならOKというケース

厳格な条件を満たしていなければ、大手金融機関などがまとまったお金を企業へ融資するのは不可能となります。その企業が将来性の見込める健全な運営をしているか、信頼性の高い担保を用意できるかなど、大手銀行ほど融資に必要なハードルは高くなっているのが基本です。大企業であれば条件を満たすのも現実的かもしれませんが、実績の浅い新規企業や小規模の会社などの場合、臨んだ金額を銀行から融資するのは難しいと言えるでしょう。しかし売掛金を融資ではなく「買取り」という方法で資金化するファクタリングであれば、大手銀行から融資を断られた会社でもまとまったお金を手にする可能性があります。
売掛金の資金化をやってくれるファクタリングサービスというのは、大手金融機関よりもビジネスライクな審査基準となっている事を覚えておきましょう。売掛先の信頼性が高く、各種必要書類を不足なく揃えておく事で、まずよほどの事が無い限り売掛金の資金化審査は実現するでしょう。資金化を望む企業自体の信頼性はほぼ問題ではありません。重要なのは取引先の企業ですので、実績の浅い会社でもファクタリングの条件は簡単にクリアする事が可能なのです。中小企業にとってポテンシャルの高い資金調達手段だと言えるでしょう。